視力回復手術「レーシック」について

レーシックと言われている視力回復手術をご存知でしょうか。
今日はその手術を受けるあたって必要な適応検査や通院についてお話をしようと思います。

このレーシックと言われる視力回復手術は、成功率が非常に高く実績がある手術ですが、
受けるにあたり適応検査が必要になります。

では、どのような方が適応検査に引っかかってしまうか説明します。

まず、「角膜が薄い方」です。この手術では、ある程度の角膜の厚さが求められます。
次に、「白内障や緑内障などの目の病気になっている方」です。
その他に、「現在妊娠中の方、または授乳中の方」、「現在目の治療、特に近視治療を行っている方」、「18歳未満の方」は、手術出来ません。また、未成年の場合、たとえ18歳以上でも保護者の同意が必要なので気をつけましょう。

次に通院回数になりますが、最低でも3回必要になります。
「術前検査」、「手術」、「術後検診」が必要になります。術前検査と手術は、同時にできそうに思えますが、術前検査で瞳孔を開く目薬を使っているので手術は翌日以降になってしまいます。

また、レーシックは、片目ずつ手術するので、視力がある片目に合わせて視力の弱い片目を手術する事が可能です。
手術自体は、数秒で終わりますので、日帰りで帰宅する事が出来ます。意外と気軽に受けて頂く事が出来ますよ。但しアイメイクは1週間ほど、避ける様にして下さい。

視力回復手術関連サイト

レーシック 福岡
レーシックはどこで受けても同じではありません。確かな技術、豊富な実績のある眼科でなければ安心して受けることはできません。当サイトでは福岡で安心して受けることのできる眼科を紹介しています。後悔しないために本当に信頼できる病院を選びましょう。