シミの原因を知ることがシミ対策の最大の秘訣

紫外線による刺激でメラニン色素が増えるということがシミになる原因ですが、化粧品等が原因となってシミができてしまう場合もあります。自分に合った低刺激性の化粧品を選ぶと良いでしょう。どんなに白い美肌でもシミがあるだけで老けた印象を与えてしまいます。シミのできる原因を知ってピンポイントで対策をすることが重要となってきます。

シミを防ぐことも大切ですが、シミができてしまってもあきらめないことも大切です。
主にシミができる要因となるのが日光による紫外線です。この紫外線対策をするだけでシミに大きな効果が期待できます。紫外線は晴れた日だけで曇ってる日や雨の日にはなんの心配はないと思われがちですが、日の出てない天候の日でも充分に紫外線は降り注いでいます。天候に関係なく、外出する際にはしっかりと紫外線対策をしておきましょう。また、紫外線にはシミだけでなくシワの原因にもなりますので気をつけましょう。

ここで紫外線対策として用いられるのが日焼け止めかと思われます。強い日焼け止めを塗れば紫外線対策はできると思いますが、あまり強い日焼け止めでは実は逆効果となってしまいます。紫外線は防げますが、強い故に肌への刺激でシミができる原因ともなるのです。炎天下のレジャーなどに出かける以外では弱めの日焼け止めを使うと良いでしょう。

シミの原因として他にも生活習慣の乱れや精神バランスの崩れも挙げられます。
メラニン細胞刺激ホルモンがメラニン色素を増殖させることがあります。このメラニン細胞刺激ホルモンは脳下垂体から分泌され、ストレスなどに左右されます。疲れがたまってるときはこのメラニン細胞刺激ホルモンが過剰に分泌されメラニン色素を増やしてシミの原因となるため、常日頃からストレスを発散させて疲れを溜め込まないことが大切です。また、生活習慣を正せば新陳代謝が活発になります。できてしまったシミも代謝が活発になれば古い皮膚は剥がれてすぐに元通りの肌になります。

シミを防ぐことと、できたシミをどう対策するかの2つがシミ対策のポイントです。
肌へ強い刺激を与えない、紫外線対策をする、ストレスを溜めない、生活習慣を見直すこと。原因を取り除けばシミができることはありません。原因をよく考えてシミ対策をし、美白の肌を目指しましょう。