借金の消滅時効とはどのような制度なのか

ある状況がずっと続くと、その事実を追認するように権利や効力が消滅することがあります。これが時効です。
民事では取得時効と消滅時効、刑事では公訴の時効と刑の時効があります。
このうちの消滅時効と呼ばれるものによって、借金の返済が時効になります。

時効の制度はこの他に色々な場面に適用され、殺人の時効などもこの制度によるものです。

消費者金融を利用して借りたお金にも消滅時効があります。
キャッシングローンなどで作った負債が時効によって消滅するための期間は、契約日か最後に返済をした日から数えて5年と定められています。借金が消滅時効によって消えた場合、以後は貸した側は返済請求ができません。

債権者側から返済の請求がなく、負債者側がの返済が一切なされないまま5年が経過することで初めて、時効によって借金を消滅させるための条件が整います。ただし、何もせずに放置していては借金の消滅時効は成立しません。キャッシングなどで借りたお金を返さずに済ませるには、時効期間の経過した後に、相手にその旨を通知する必要があります。日数の数え方が途中で0に戻ったり、カウントされない日があるなど、時効までの日数の数え方にも色々な条件があります。

借金の消滅時効を利用するつもりがあるならば、債務があることを認める行動(返済請求に応じる)や、訴訟を起こされると時効になりませんから気をつけましょう。

金融関連サイト

過払い金 返還
過払い金返還請求マニュアルでは、過払い金が発生するしくみと消費者金融への払い過ぎた分の利息を取り戻す方法を解説しています。